オフィス移転に伴う床工事・パーテーション工事の事例

京都市下京区の会社様のオフィス移転をお手伝いをいたしました。

施工レポート

京都市下京区のお客様から事務所移転を予定されているとのご相談があり、
何度か打ち合わせを経て、OAフロアとタイルカーペットの張替え、およびパーテーションの設置、
引っ越し作業を承りました。

 

第1行程 タイルカーペットの張替え

前居住者様が敷かれたタイルカーペットが残っています。
まずはこの既存タイルカーペットを剥がすところから始めます。

作業開始前のオフィス。

 

OAフロア+タイルカーペットを敷いた状態。

作業前は床に直接タイルカーペットが敷いてある状態だったので、OAフロアと新しいタイルカーペットを
敷きなおしました。タイルカーペットの色はお客様のご要望で濃いめの茶色。
室内が落ち着いた雰囲気に変わりました。

 

第2行程 パーテーションの設置

タイルカーペットの張替えが終わり、次にパーテーションの設置へと移ります。
このスペースにパーテーションを設置して、会議室を作ります。

 

会議室ということもあり、防音性の高い天井まで高さのあるパーテーションをご提案いたしました。

 

当初のご要望としては、「経費削減のため移転前に使っていたパーテーションをそのまま移設したい」ということ
でした。しかし移転前と移転先のオフィスとでは天井の高さが異なることが判明。
天井の高さが 移転前【高い】 >  移転先【低い】 でしたらパーテーションを切断することで容易に対応できた
のですが、今回は 移転前【低い】 <  移転先【高い】 で延長工事が必要でした。
実はパーテーションの高さを延長するには費用がやや高額になり、新しく購入するのとあまり大差がないほどです。
だったらということで、新しいパーテーションを設置することでご了承いただきました。

 

第3行程 OAフロアの配線工事

次にOAフロアの配線工事を行います。
張替えたタイルカーペットを部分的に一旦剥がし、さらにその下のOAフロアに配線を通していきます。

 

今回は既存の什器をそのままご使用されます。それらを置く場所を事前に決めておき、
デスクを置いた時にちょうど真下にLANケーブルや電源、電話線等がくるよう配線が引かれました。

第4行程 什器の運び込み

タイルカーペットの張替え、パーテーションの設置、OAフロアの配線が完了し、
オフィス環境の準備がすべて整いました。
最後に既存の什器や荷物を運び込んで作業完了です。

 

まとめ

作業日程:4日間
(什器の運び込みのみ、お客様の業務に支障がないよう土曜日に行っています。)

今回は行程が多かったのですが、少ない日数でスムーズに作業が終えられました。

施工データ

会社名 某情報通信会社様
WEBサイト
事業内容 情報通信設備の構築
所在地 京都市下京区
ご提供したサービス OAフロア・タイルカーペット工事、パーテーション工事、オフィス移転

その他の施工事例

某事務所様

小規模事務所向けオフィスレイアウトの事例

某企業様

造作壁、造作受付カウンターの事例

某企業様

執務室・文書保管室・屋外物置設置の事例