書庫の扉はどれがいいのか?

こんにちは。
京都府の京都市を中心にオフィス環境つくりを支援している京都オフィスづくり.comです。
書庫を購入される際に、主に扉の形状は主に4つあります。

①オープン ②両開き ③引き戸 ④ラテラル

すでにどの扉にするか決めている場合はいいのですが、まだ決めていない場合、どちらにしようか迷います。
そんな時は②両開きタイプがおすすめです。
例えば③引き戸タイプは扉のすれ違う部分が邪魔で物の出し入れがしにくいです。
一方で①オープンタイプは扉の心配はいらないのですが、中の物が見えてしまって
綺麗に整理整頓しないと外からみた時に空間に雑多な印象を与えます。

②両開きタイプなら、物の出し入れがしやすく、見せたくないものは扉で隠してしまえます。
よって書庫の扉の形状に迷ったら、両開きタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は書庫の扉に形状の違いを説明いたしました。
私たち京都オフィスづくり.comでは京都府京都市を中心にオフィスレイアウト設計オフィス家具販売の
お手伝いを行っております。
お困りごとがございましたらぜひお気軽に京都オフィスづくり.comまでお問合せください。

京都オフィスづくり.comは、京都府京都市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

京都府京都市周辺のオフィスづくりはお任せ下さい

075-351-0132

受付時間:平日9:00~17:00

京都オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
京都府京都市周辺地域に対応しています
京都府京都市北区
京都府京都市上京区
京都府京都市左京区
京都府京都市中京区
京都府京都市東山区
京都府京都市山科区
京都府京都市下京区
京都府京都市南区
京都府京都市右京区
京都府京都市西京区
京都府京都市伏見区